このページではJavaScriptを使用しています。
Home Mail
お知らせ コンセプト 活動実績 会員募集 法人概要
ご報告

ZUTTO企画イベント第3弾「脚本家 木皿 泉さんの講演会」大成功の内終了しました

木皿 泉さん(右)
 参加者95名。遠くは東京・神奈川・広島からもお越し頂きました。皆さん本当にありがとうございました。楽しかった報告をさせていただこうと思っていましたところ、木皿さんったら、本当に早口で!半端じゃなく早口。そしてほとんど笑い話なものですから、笑い声だけが録音されているようなもので(苦笑)
 男、木皿さんとは2人組みで15年以上一緒に仕事をしているそうですが、脳内出血で倒れたときの話。手術室の前で、もうダメかもしれないと聞かされたときに、彼の何と別れるのが一番辛いのかなぁと考えたら、顔や、才能、年収はどうでもいいことのように思えた。性格ですらどうでも良かった。私の頭に浮かんだのは、風呂上がりの清潔な、まだ湯気が上がっている、石鹸の匂いのするホワンとしたイメージの彼の存在がいなくなることが辛いと。現在男、木皿さんは自宅にてリハビリ中!要介護5!と笑い飛ばす。
 おおらかな性格(そう見える)とは裏腹に、こまやかな内容(脚本)が多くの人を魅了する。どっぷりはまった2時間でした。
日程
テーマ / 詳細
2007
2/2(金)

第3弾 「脚本家 木皿 泉さん語る!〜 人と人とをむすぶ物語」
インタビュー形式 (インタビュアー:島ア 今日子

■19:00〜21:00
■定員 100名
■参加費 2,000円 (軽食付き)
ドーンセンター1階 パフォーマンススペース
■申込み締切:1/31(日)
■保育あり

参加者アンケート結果 (2007/2/2 講演会参加者)

参加者は95名 アンケート回収67通。
アンケート結果をもって報告とさせていただきます。アンケートは「お住まい別」、「年代別」で並べ替えができます。
 
年代
 ・20代

 7 

 ・30代
 28 
 ・40代
 23 
 ・50代
 9 
 ・60代
 1 
 
お住まい
年代
感想・コメント
 
 
TOP